東アジアスーパーリーグについて

2016年に設立され、東アジアスーパーリーグ(EASL)は急速に発展し、東アジアでプロバスケットボールクラブのプレミア地域リーグになっています。EASLはプレミアバスケットボール競技とエンターテイメント体験を提供し、東アジアの競技レベルを高めることを目指しています。


2020年8月、バスケットボールの国際競技連盟であるFIBAが、東アジアのトッププロバスケットボールクラブを対象として10年にわたる契約を通じて東アジアスーパーリーグに独占的な公認と支援を与えました。


新しい東アジアスーパーリーグ競技は2021年10月に試合開始する予定です。日本、中華圏、韓国、フィリピンから8つの強豪チームがホームアンドアウエーのグループステージに参加し、2020年2月のファイナル4で地域のチャンピオン争いに決着します。


その間、世界中のファンはEASLの2つの新しいデジタルコンテンツシリーズ「BALLERIFIC」と「Fresh in Macau」をチェックし、EASLについてをより深く知ることができます。


EASLは過去3年間でプレシズントナメントを4回開催しており、CBA(中)、B.LEAGUE(日本)、KBL(韓)、PBA(フィリピン)、SBL(チャイニズタイペイ)、ABL(東南アジア)を含むアジアのトップリグから豪チムが加しました。2019年9月に1週間にわたりマカオで開催されたテリフィック12は、東アジアのトップ12チムが集結し激しい試合が繰りげられ、完した試合を含め世界中で1億1700万人以上の視者を魅了しました。

東アジアスーパーリーグの核心価値

「最高の中の最高」

アジアのトップリグのトップチムを集め、最高級のコンテンツ制作とイベント運を通じてエンタテイメント性が高くわくわくする試合を提供します。

東アジアのバスケットボルの中心になる

 EASLは一年を通じて東アジアのオンコトとオフコトのバスケットボルコンテンツを提供し、多くのファンとタゲット顧客を探しているブランドコンテンツを持つマケタの出いの場となります。

“共にテリッフィク(Terrific Together)”

キャッチフレズだけではなく、魅力的な競技とコンテンツプラットフォムを通じて、地域のステクホルダを結集し、係者、ファンやビジネスパトナなど、すべての人に特別な値を創造します。

そして、統合プラットフォムを通じて、地域のリグの競力とバスケットボルレベルの向上に努めます。

EASLはパトナ企業へ柔軟性のあるサビスを提供し(特にこの困難な時期で)、それにより互いに有益な係を築けると確信します。

Our team

EASL LEADERSHIP TEAM

MATT BEYER
CO-FOUNDER & CEO

東アジアスーパーリーグのCEOとして、マットベイヤーは、会社の内部構造のすべての運用、戦略、国際リーグ関係、および会社内部の構造管理を担当しています。 東アジアスーパーリーグを共同設立する前に、米国ウィスコンシン州出身の彼はATLIUSを設立し、中国バスケットボール協会(CBA)の最大のバスケットボールエージェントの一人であり、中国バスケットボール協会のエージェント資格証明書を取得した唯一の外国人です。 また、北京で広報および政府関係関連の業務に従事したことがあります。 以前、ウィスコンシン州立大学の北京同窓会の会長も担当したことがあり、マンダリンに堪能です。

HENRY KERINS
CO-FOUNDER & CFO

リーシャオロン(ヘンリー·ケリンズ)は、東アジアスーパーリーグの最高財務責任者として、財務、投資家関係、サプライヤー管理、企業管理を含むすべての資金調達業務を担当しています。 リーシャオロンは、東アジアスーパーリーグを共同設立する前は、アジアグループの顧問、JPモルガン・チェースアジアのCEOアシスタントおよび特別アシスタント、香港衛星テレビのホストを務めていました。 彼は香港で育ち、北京の大学に通い、マンダリンに堪能です。

MARK FISCHER
CCO

マーフウセン(マークフィッシャー)は、東アジアスパーリーグの最高商業責任者として、メディア、スポンサーシップ、商品関係など、すべてのマーケティングおよびビジネスプランを担当しています。 東アジアスーパーリーグを入る前に、彼はイーストブリッジスポーツのCEO、アジアアルティメットファイティングチャンピオンシップのマネージングディレクター、NBAアジアの上級管理職を12年間務めました。 彼はミシガン大学で文学士号を、ハーバード大学で公共管理修士号を取得しており、マンダリンに堪能です。

Contact Us

Our Location

location-of-asia-league

East Asia Super League has offices in Hong Kong, Macau, Manila, Seoul, Shanghai, Chinese Taipei and Tokyo.