EASL 2021-22

EASLは2021年10月に開始され、FIBAとの独占承認契約に基づく東アジア地域で最初の一本化のクラブ間のチャンピオンシップリーグをもたらします。





グループステージ:最初のシーズンに8チームが参加し、それぞれ4チームの2つのトーナメントブラケットに分け、試合開始の10月から2022年1月までラウンドロビンのグループステージで行われます。このステージで、各チームは6試合を参加:1つのホーム試合と1つのアウエー試合で、そのグループ内の他のチームと対戦します。

ファイナル4:その2グループの優勝と準優勝したチームは2022年2月に予定されているEASLのファイナル4でプレイし、地域のチャンピオン、準優勝と3位を決着します。ファイナル4は2022年に別途発表されます。そして、今後の数年間でいくつのマーケットを交替する予定です。

出場資格:国(中華圏、日本、韓国、フィリピン)とそれぞれのチームのランキング次第です。それぞれの国内リーグの前シーズンの決勝順位の上位1位か2位のクラブが東アジアスーパーリーグの出場資格を得ます。



今後の展開:東アジア地域の上位8チームは、2022-23シーズンに再び出場することができます。 EASLは、2023-2024シーズンまでに16チームに拡大される予定です。